cats


電話番号

鋼管定着工法
鋼管定着工法とは?
鋼管定着工法概要
pdfダウンロード
HOME 工法  鋼管定着工法(鋼管コッター工法®)
鋼管定着工法とは?
鋼管定着工法「鋼管コッター工法®」は、「あと施工アンカー工法」に代わる工法として考案されました。耐震壁や鉄骨ブレースなどの耐震補強工事で、数多く採用されている既存躯体と補強部との接合部に、鋼管を定着させる工法で、削溝深さを浅くする事ができ、低振動・低騒音・低粉塵での施工が可能です。
鋼管定着工法概要
コアドリルによる削溝 円形溝に樹脂を充填 鋼管コッターを取付け、クサビで固定
グラウトの回り込みが不十分な上向き、
横向きの鋼管内には必要に応じて、グラウトを予め充填しておく(先詰充填)
RC耐震壁や枠付・外付け鉄骨ブレース、さらにUFCブロック耐震壁、RMブロック耐震壁、アドバンス制振システム等のさまざまな工法に採用可能で、補強部接合面の既存躯体側に標準で深さ30㎜の円形溝を削溝し鋼管コッターを樹脂で固定するため鉄筋や鉄骨(SRC造の場合)への干渉など躯体への影響を軽減できるうえ、削溝回数、削溝時間の軽減、振動、騒音粉塵なども低減できます。
集合住宅、病院、学校、公共施設などでも居ながら、使用しながらの施工が可能です。
設計に採用いただくためには、鋼管コッター工法研究会に賛助会員として入会していただき、設計講習を受講していただく必要があります。
詳細は鋼管コッター工法研究会にお問い合わせください。
pdfダウンロード
  鋼管定着工法カタログ
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。最新版のAdobe Readerはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。 Adobe Reader(ダウンロードサイトへ)
 
Copyright © 2019エフアイティー All Rights Reserved.

ページトップボタン