TEL:03-3622-9381

あと施工部分スリット工法「AWAT工法」

あと施工部分スリット工法「AWAT工法」は、腰壁・たれ壁については、あと施工の部分スリットが完全スリットと同等の耐震性能を有していること、さらに袖壁についても部分スリットの評価法を確立できることを構造実験により証明し、一般評定(CBL RC006-14号)を取得いたしました。

水の代わりに泡溶液を用い、AWAユニットにより切断泡を形成して、ウォールソーおよびコアドリルにより切断・穿孔して壁に部分スリットを形成する点です。
水を用いて施工する場合と比較して1/10の量の泡溶液で施工できるため、内部への漏水が防止され、切断汚泥の排出も少なく、さらに騒音・振動・粉塵も低減されます。
  • ウォールソー

  • コアドリル

あと施工部分スリット工法「AWAT工法」概要

AWAユニットフォームマシン

AWAT工法研究会

【事務局】
株式会社エフアイティー内
TEL:03-5637-7002

pdfダウンロード

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。最新版のAdobe Readerはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。
Adobe Reader(ダウンロードサイトへ)

Copyright © 2011エフアイティー All Rights Reserved.